整形外科で骨粗しょう症の治療も行える

整形外科は骨折や捻挫の治療を行う場所ですが、骨粗しょう症に関しても相談、検査、生活指導などを行っています。骨粗しょう症は高齢の方や女性になりやすく、骨がスカスカしたスポンジ状のようになることです。このような骨の場合、弱い力でぶつけたり、ちょっと転んだりしただけで骨折をすることがあります。そのため、手首の骨や背中、太ももの付け根などが起きやすくなっています。

女性ホルモンや老化が原因ともされており、早いうちから意識することが大事になってきます。整形外科において骨粗しょう症かの判断はレントゲンや超音波、骨密度を測る機械などを利用します。治療法としては薬をのむ、注射を打つといったことがありますが、根本的に治すのは難しくなります。そのため、定期的に整形外科に通い、様子をみていくことが大事になってきます。

骨粗しょう症は予防が大事になってきます。整形外科では牛乳などのカルシウム、魚などのビタミンD、海藻や納豆などのビタミンK、そしてたんぱく質を多くとるように指導しています。また、適宜運動することや日光浴を兼ねたウォーキングを行うことも勧めています。骨折をしやすい状態ですが、転ばないなど注意をすれば骨折しません。

万が一骨折をしてしまった場合でも、日ごろからかかりつけの整形外科をつくっておくと、症状を把握している分適切に早く治療を開始することができます。骨粗しょう症の場合は日常生活に気を付けるとともに、医療機関との連携も深めておくと安心です。