整形外科で痩身をしたい

整形外科で痩身の施術を受けたいという人もいるかもしれません。減量のためのダイエットやエクササイズは継続することが難しいですし、二の腕や太ももなどの脂肪はなかなか落とすことができないでしょう。リバウンドを繰り返してしまう人も多く、脂肪よりも落としにくいセルライトで悩んでいる人も多いかもしれません。整形外科で痩身を受けることにより、手軽に理想のボディラインを手に入れることができます。

脂肪吸引法や注射器を使う方法、脂肪溶解注射などの方法があるため、希望や悩みに合わせて選んでいくと良いでしょう。整形外科で理想のボディラインを作りたいという場合、脂肪吸引を受けるのがおすすめです。かつてはポンプで脂肪を吸引していたのですが、現在では特殊な管を挿入して吸引するようになっています。傷跡が目立つことはありませんし、バランス良く吸引することができるので仕上がりも綺麗になります。

とても細い管を使っているため、皮下組織や血管などの組織を傷つける心配もありません。脂肪細胞そのものを吸引することができるため、確実に脂肪を減らすことができますし、その効果は半永久的に続くとされています。整形外科で周りの人に気付かれることなくサイズダウンしたいという場合、脂肪溶解注射を受けるのがおすすめです。脂肪吸引のように1回の施術で大幅にサイズダウンすることはないのですが、数回に分けて少しずつサイズダウンを目指すことができます。

脂肪溶解法はヨーロッパを中心に広まった痩身術となっており、患者の希望に合わせて脂肪やセルライトを分解する薬液を注入していきます。そのため気になる部分だけを細くすることができますし、1回の施術時間も5~10分程度と短くなっています。