スポーツ外傷を適切に処置する墨田区の整形外科

墨田区にある整形外科では、ベテランの整形外科専門医が様々なスポーツ外傷を治療しています。スポーツ外傷とは、一瞬の大きな外力によって受傷する打撲や捻挫、脱臼などのことです。特に脱臼は適切な処置を行わないと癖になってしまうため、クリニックでの治療が推奨されています。脱臼には完全脱臼と亜脱臼があり、完全脱臼の5割は肩の脱臼です。

肩の脱臼の場合、激しい痛みがあり、完治するまでに時間がかかることもありますが、墨田区のクリニックでは丁寧な治療を行っています。肩の脱臼は、特にコンタクトスポーツと呼ばれる柔道やアメフト、ラグビーなどでよく起こる症状です。治療としては、墨田区のクリニックではまず肩関節のレントゲン撮影などを行ってから、骨の位置を元の場所に戻す整復をします。整復は接骨院や整骨院の柔道整復師によって行われることもありますが、レントゲン検査は整形外科でしかできません。

そのため脱臼の疑いがある場合は、初めに整形外科を受診することが望ましいです。さらにバンカート損傷を起こしているケースもあります。これは関節唇が剥がれた状態で、前方脱臼の約8割にこの損傷が見られます。この場合は、基本的に手術によって修復します。

墨田区にある整形外科では、緊急処置が必要なスポーツ外傷に対して、予約なしでも診察を行っています。土曜の診察を行っているクリニックもあります。近隣駐車場の有無については、事前に確認すると良いです。