美容整形はポピュラーになりつつある

美容整形は、今やモデルや芸能人、そして一般の方にも普及しつつある施術です。少し前までは、体にメスをいれるものというイメージが強かった美容整形ですが、技術の進歩により、最近ではメスを使わずとも、注射や針などで切らずにキレイに整形する方法が出てきました。例えば、二重の美容整形には、大きく分けて、切開法と埋没法があります。切開法は、まぶたにメスをいれることで、ほとんど取れる心配のない二重が出来上がります。

しかし、メスを使用するため、体への負担が大きく、術後の腫れも大きいため、自然な二重になるにはやや時間がかかります。また、やり直しのきかない手術のため、医師の技術力と念入りなカウンセリングが必要となり、クリニック選びも慎重に行わなければなりません。埋没法は、まぶたを糸で留めるものです。麻酔は使用しますが、メスで切ることはなく、針と糸で縫い留めるイメージです。

体への負担は小さく、術後の腫れも少ないとされています。二重は1週間超で落ち着くため、長期休みや連休などを利用して施術する方が多いようです。しかし、二重の幅を広く取りすぎたり、まぶたに負担を与えるような二重を作ってしまうと、数年で二重が取れてしまうこともあります。そのため、やり直しが可能ですが、何度も施術することはまぶたに大きな負担を与えるため、控えましょう。

どちらも美しい顔立ちを作る施術です。医師との丁寧なカウンセリングで、お互いに納得のできる施術を目指しましょう。