Skip to content

医療脱毛とエステ脱毛の違い

医療脱毛は毛が生える元となる毛乳頭を破壊することができます。毛乳頭が破壊されるとそこからは毛が生えなくなりますので永久脱毛が可能となります。毛乳頭を破壊するには出力の強いレーザーが必要となります。毛乳頭の破壊は体を傷つける行為でもあるため医療行為になってしまいます。

医師法により毛乳頭を破壊することができるのは専門の知識を持った医師や看護師がいる医療機関に限られます。一方、エステ脱毛は特に資格などがなくても誰でも行うことができます。毛乳頭を破壊すると医師法違反になってしまうので、毛乳頭が壊れない程度の出力のレーザーしか使うことができません。繰り返し行うことでうぶ毛程度にまで目立たなくすることは可能ですが、毛乳頭自体は残っているので中止するといつか再び毛が生えて来る可能性があります。

医療脱毛は永久脱毛が可能ですが、エステ脱毛に比べ料金が高いことが多く、痛みが強いイメージなどから敬遠する方がいるのも事実です。痛みに関しては個人差が大きく、皮膚の麻酔やレーザーの出力を調整することができるので気にする必要はありません。医師や看護師が施術者で医療行為を受けているのですから料金が高くなるのは目をつぶらざるを得ません。料金相応のメリットがあります。

脱毛後に皮膚の異常が起こっても直ぐに専門家の処置が受けられるので安心できることや、脱毛にかかる期間が短く、確実にできることです。脱毛によって毛が本来持つ皮膚の保護機能や、汗の吸収などが損なわれ皮膚の異常を起こしやすくなるので、医療機関で行うことで安心感が得られます。医療脱毛はエステ脱毛に比べレーザーが強力なので脱毛期間はエステの半分程度になります。毛の生え変わりがあるので5~6回の施術が必要ですが1年から1年半で永久脱毛が可能です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *