Skip to content

安全性の高い医療脱毛について。

病院やクリニックの皮膚科で行う医療脱毛は、非常に安全性の高い脱毛法です。近年では、医療用のレーザーを使う医療レーザー脱毛が医療脱毛の主流になっています。レーザーがムダ毛の黒色メラニン色素に反応して熱を発生させ、毛乳頭及び毛包幹細胞を破壊するので二度と毛が生えることがありませんが、メラニン色素にのみダメージを与えるので、周辺の皮膚組織には影響を与えず安全性が高い事でも知られています。ごくまれに、熱を発生する際に軽い火傷や赤みが出るケースもありますが、患部を清潔に保ちよく冷やしておくと数日もすれば症状が治まるので、それほど心配は要りません。

もし悪化する様なことがあっても、施術を受けた病院で治療を受ける事ができ、すぐに抗炎症効果のある内服薬や外用薬が処方されるので安心です。万が一肌トラブルが起こった場合を考えると、医療機関で施術を受けておいた方が良いですね。医療脱毛の方法には、1980年代に主流だった医療針を使って行われるニードル脱毛もあり、一本一本目視で施術を行うので脱毛効果が非常に高い事で知られています。しかし、針を刺す時と微電流を流す時に激痛が伴うので、我慢ができずに途中で諦めてしまう人も少なくありませんでした。

また時間がかかる事とその分費用も高額になるので、医療レーザー脱毛がニードル脱毛に取って変わってきたのですが、男性のひげやうなじなど繊細なデザインが必要とされるパーツには、医療レーザー脱毛とニードル脱毛の併用がたいへんおすすめです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *