Skip to content

医療脱毛の特長について

医療脱毛とサロンの脱毛の違いが分かってない人もいますが、これはいいことではありません。なぜなら、この違いをはっきりさせておかないと、誤った施術を受けてしまう可能性があるからです。これから脱毛を受けたいと思ってる方は、必ずこの二つの違いを明確にしておくようにしてください。まずサロンで行われる脱毛の特長について理解しておきましょう。

その一番の特長は、永久脱毛ができないということです。脱毛自体はできますが、それは表面の毛を抜き取っただけで、毛根までは破壊されていません。永久脱毛は毛根を破壊することによって行われますので、普通のサロンでは永久脱毛はできません。この点が一般のサロン脱毛の特長であり、また医療脱毛との違いを明確にしている部分でもあります。

では、医療脱毛の特長とはどのようなものでしょうか。その最大の特長は、一般のサロン脱毛ではできない、永久脱毛ができるということです。すでに述べたとおり、永久脱毛では毛根を破壊しなければなりませんが、その毛根を破壊すると行為が医療機関ならできるのです。その理由は、医療機関には医師免許を持つ医者がいるからです。

毛根を破壊する処置は医療行為にあたり、これは医者でなければできないので、結果、永久脱毛は医療機関でしかできないのです。そしてこれが医療脱毛の最大の特長となっており、一般のサロンとの違いを明確にしています。永久脱毛ができるかできないか、それが医療脱毛とサロン脱毛の大きな違いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *