Skip to content

永久脱毛照射後の経過

永久脱毛照射後の経過として、脱毛の治療が終わると数分は、熱もまだもっている患部をクリニックで冷却します。永久脱毛は熱を皮膚内にこもらせますから、商社の終了後には必ず患部を数分冷やす必要があります。経過としては、この冷却でほとんど赤みは引きますが、その日から翌日まで残ることもあります。照射した部位の毛穴状に、たまに赤い斑点が見えたり、なんとなく毛穴が膨らんで見えるケースもあります。

これはムダ毛へレーザー光を照射したことで、メラニン色素が熱を吸収して、反応している証でもあります。自然な少女なので、時間とともにおさまります。もしかしたら、数日間は続く症状となるケースもあります。一過性のものですが、もしも7日以上続いている時には、念のため、永久脱毛に通っているクリニックへ連絡をしましょう。

かゆみが出てきて掻き毟ると、その部位には色素沈着を招くとこにもなります。痒いときには医療機関で、塗り薬を処方してもらいましょう。飲み薬の処方もあります。照射後に気がついたら、毛穴が毛膿炎を起こしたといったケースもあります。

レーザー照射の後には、数日もすればムダ毛は抜け落ちます。しかし表皮より上手く抜け出せなかった毛は、そのまま埋没になって、異物扱いで炎症を起こします。問題ではないですが、かゆみが出たりしたらクリニックへ相談をするといいです。照射後の経過を良いものとするためにも、自宅では化粧水などで保水を心がけるといいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *