Skip to content

永久脱毛のリスクとは

ムダ毛の処理に悩んでおり、カミソリやシェーバーなどで処理をしている人も多いかもしれません。クリニックなどの医療機関で永久脱毛を受けることにより、ムダ毛の悩みから解放されることになるでしょう。医療機関で行われているレーザー脱毛は非常に効果が高く、永久脱毛として認められています。しかし、永久脱毛を受けた後にしっかりとケアをしないと、さまざまなリスクや副作用を引き起こす原因となってしまうので注意しましょう。

レーザー脱毛での施術直後には赤みを感じることが多く、これは皮膚が炎症を起こしているためなのです。肌が弱い人の場合は痛みを感じることもあります。医療機関では炎症を抑える軟膏を塗ってもらうため、それほど肌の状態を心配することはないでしょう。エステサロンでもジェルやクリームなどで処置していくことになるのですが、医療機関ではないので薬を使うことはできません。

レーザー脱毛では肌にレーザーを当ててムダ毛を処理していくことになるため、毛穴の雑菌まで処理していくことができます。しかし、同時にバリア機能も低下してしまいますし、それによって新たに雑菌が入ってしまうこともあります。雑菌が入り込んで毛包炎と呼ばれる状態になることにより、毛穴の周囲が赤くなって痛みを感じることもありますし、ニキビとなってしまうこともあるのですが、医療機関では適切な処置を受けることができるので安心です。また、毛が硬くなったり、多くなったりすることも稀にあります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *